スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

暗記力は年を取っても脳の使い方次第

年をとると、なかなか覚えることが出来ない、思い出せないと嘆く人がいる。
暗記力が下がることは仕方がないと考えているようだ。

しかし、それでは意味がない。
そこであきらめてしまっては何も進歩がない。

たとえ年をとっても、
暗記力は脳の使い方によっては克服できると私は考えている。
もっといえば、逆に若いときよりもプラスになるのではないかとも思っている。

ではどうやって脳を使うのか?
それは、右脳・左脳どちらを使うかである。

そう、右脳を使えばよいのだ。
右脳はイメージで覚えるため、記憶の定着が良い。
そしてその能力は年を取っている人のほうが高いであると思われる。
もちろん、そのために訓練することが前提である。

さて、今の学校教育はまさしく典型的な左脳人間を作り出す機関である。
そのため今の現代人のほとんどの人がそのように教育されているため、
右脳が使えないのである。

だから、訓練すれば逆に使えるようになる。
しかし、そのような努力を真剣にする人はほとんどいない。
2008/11/24(月) 暗記のコツ
コメント

おぉ!!
…で右脳の動かし方は?
by: シリウス兄者は宙を舞う * 2008/12/06 23:11 * URL [ 編集] | UP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。