スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

単語カードの活用方法

資格試験の学習など、単語の暗記方法としてよく使用されるのが単語カードだ。
特に、学生では英単語や熟語、歴史上の用語を覚えるために活躍する。

この単語カードを利用した勉強方法は、暗記するにはとても良い。
なぜなら、繰り返し復習できるから。

持ち運び簡単。
どこでも復習できる。
短い時間でも実行可能。


こんな素晴らしい道具、活用しない手はない。
実際、多くの学生がすでに勉強道具の一つとして取り入れている。

しかし、実際には単語カードをうまく活用しきれてなく、効果はイマイチ。
それはなぜか?

繰り返す回数の不足。
短期間で断念する。
作って満足。


こんな受験生は多いように感じる。
特に、単語カードを作り終えて満足感に浸る人が多い。

「よし!単語カードを作った!!オレは勉強した!!!」
けど実際は、翌日試しにテストすると全く記憶できてなくやる気をなくすなんて事も多々アリ。


一番重要な繰り返し見て復習する方法を怠ると脳にはインプットされない。
一生懸命単語カードを作成しても、1度しかやらないのなら、

最悪な勉強法となりうる。

もちろん書き込むだけでも意味はあるかもしれないが、
それだけで完全に暗記するのは不可能でだ。

単語カードはすばらしい道具。
しかし、本人が努力しなければただのゴミにさえ変貌する。

毎日5分でもいいから繰り返す。
これができるかできないかで暗記に差が出る。
そしてそれは長期的に考えれば大きな差となる。
2008/09/29(月) 暗記方法

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。