スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

アウトプットの回数を増やせ!

受験生さんは教科書にマーカーを引いたり、英単語を読んで声に出したり、
暗記のためのインプットにはかなり気を使っています。

そして、実はもう十分なんです。これで。
けれど覚えたはずの語句や意味が覚えられていないのはなぜか?

それはアウトプットを怠っているから。

コツは、アウトプットをする場を増やすこと。
一番簡単な方法は、勉強し終えた後に、自分でテストをしてみる。 もちろん時間をかける必要はありません。
10分くらいでやってしまえばよいのです。

実際に試してみるとわかりますが、
1回目、テストしてみるとほぼわかりません。
つまり、答えを頭から引き出すことができない。

そしたら答えを確認します。
これでまずはOKです。

次は夜寝る前にもう一度テスト。
まだわからないものがあって当たり前。
気にせず同じように続行。

さあ、その次は起きてすぐテスト。
けっこう暗記できているはずです。
まだ半分くらいしか覚わっていなければ、
このようなアウトプットの機会をさらに増やしていきます。

大変な気がしますね。。
けれど、テストに時間をかけなければ実際はかなり楽なはずです。
1回10分、毎日苦しみながら勉強するより楽なはず。

スポンサーサイト
2009/07/29(水) 暗記のコツ

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。