スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

暗記:右脳と左脳

皆さんは日ごろどこの脳を使っていますか?
おそらく大半の方が左脳と答えるでしょう。
それが普通ですから仕方がありません。

しかし、暗記するためには右脳のほうが断トツに効率が良いのです。
そのことも皆さんはおそらくすでに知っておられる方が多いでしょう。
左脳では限界があります。
無理して苦しんで覚えるといった感じです。

そもそも日本の教育がこのような状況にさせてしまったとも言えるでしょう。
ですから急に大人になって、小中学校教育を受けて高校になって、
急にそんなことを言われても、
完全な左脳人間になってしまっていますので難しいです。

しかし、この状況を打破しなければ一生このまま苦しい勉強方法で
望んでいかなければならないのも事実です。

ですから自分を変えるよう努力しましょう。
まずはイメージです。

言葉で考えずにイメージを思い浮かべること。
これができるようになれば恐ろしく速く覚えられるようになります。
スポンサーサイト
2008/08/31(日) 暗記のコツ

暗記したことの見直し

せっかく覚えようとして時間をかけたとしても、
それっきり何もしなければ定着率は低くなってしまう。

もし定着率をあげるのであれば、
暗記したところの見直しをしないといけない。
まず覚えた日に一度復習する。

そして次の日にもう1度。
最後に3日後にもう1度見直すと定着率は大幅にアップする。
エビングハウスの忘却曲線を参考にすると良いでしょう。

頭に入れたいことは確かめたり、テストしてみることで入っていく。
見ただけで覚えるなんて普通の人ではできっこない。
そうなるとどれだけ復習したかが結局カギを握ることとなる。

努力が成果に結びつく。
2008/08/18(月) 暗記方法

暗記の前に理解

英単語などは丸暗記で覚えても良いのだが、
例えば英語の文法や数学、歴史などはまず理解することだ。

理解していなければ、覚える能率は格段に落ちる。
そもそも、ここでは何を言っているのかわからないのに
丸暗記しても意味がない。

まずはじっくり読んで、内容を知ることが必要である。
さあ、どうやってそれをやるか?

それは覚えたいものを3回一通り見ること。
参考書の第一章であればそこを3回読むこと。
3回ともじっくり読むのではない。
それでは時間がかかってしまう。

1回目、さらっと読む。
どんなことが書いてあるのか?

2回目、じっくり読んで理解に重点を置く

3回目、ああ、こういうことを言っているんだなと思いながら読める。

何事も一回で終わらせるのは至難の業。
普通では不可能である。
だったら数回やればよいだけだ。
2008/08/13(水) 暗記方法

暗記:ノートは無駄が多い

授業でやっていることはさっぱりわからないけど、
とりあえずノートだけ写しておく。
あとでそのノートを利用するのならいいかもしれないが、
使わないのなら時間の無駄です。

最近私は講義で講師が黒板に書いたものをノートに書くことはしていません。
時間が無駄なだけだからです。

もちろん人それぞれ自分に合った方法で勉強すればよいのですが、
ノートに書いても暗記したわけではありません。
理解もできず、写すという作業だけで、終わってしまうのなら無駄です。

そして次に、多くの人は暗記をするために紙に何度も書いて頭に入れ込んでいます。
私もこの方法はこれまでよくやりました。

しかし、定着率が悪い。
次の日になったら忘れている(覚えているものもある)。
時間がめちゃめちゃかかる。

このようにあまり効率的ではありませんでした。
ですので私は最近書かずに覚える方法を取り入れています。

書くことには利点よりも欠点のほうが多い。
2008/08/01(金) 暗記のコツ

勉強法:無理な計画は失敗の元

夏休み中にたくさん勉強して覚えよう!
と張り切っている受験生は多いと思います。

気持ちはすばらしいですが、無理すると逆効果になります。
つまり、無理な計画は立てないようにするべきだということです。

考えてみてください。
夏休み中の勉強方法で一番効率的なのはどのように過ごしていくことでしょうか?

それは、三日坊主(途中であきらめる)のではなくほぼ毎日続けていくことです。
だから、早くたくさん暗記したい・進めたいと思って、
一日にやるべきことを山盛りにしてはいけません。

自分がこれくらいの量なら最低でもできるかな?
と思うくらいが適当でしょう。

どうして少なめにするのか。
わかりますよね。

一日のノルマが高すぎて、
万が一その日にそれがすべて終わらないと、やる気をなくしてしまうからです。
そうなるとそこで勉強のリズムが途絶え、次の日からやる気がなくなってしまいます。

これが一番避けたい悪循環の典型です。
だから、無理をせずに気長にという気持ちで計画を立てましょう。

欲張ると逆効果です。
2008/08/01(金) 勉強法

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。